コインランドリー「SPLASH」 

コインランドリー「SPLASH」 

2019年10月。まだホテルの建物ができていない頃のお話。

2020年の春にホテルをオープンするに際し、カフェ以外にコインランドリーとコインパーキングを併設することは決まっていた。


コインランドリーはうまくいけば10%を超える投資利回りの良さと、手間がかからない手離れの良さ、初年度に費用の70%を損金にたてられるというとんでもない税制優遇に加え、最近では洗濯機自動投入、布団丸洗い、スニーカー洗濯、などという機器の発展などの特徴からさりげに最近店舗数が急増しているビジネスなのだ。


ランドリー普及率予測 

そしてそれだけ伸びているといっても、欧米諸国では利用率20%なのに日本はまだ6%。さらに日本の店舗数でシェアを持っている企業ですらたしか数%のシェアという大手がいない市場で、立地に激しく依存するビジネスモデル。参入障壁も高いようで低い。



僕は1棟目のホテルに住んでいた時に洗濯機とホテルの相性の良さを痛感していたこともあり、2棟目の初台ホテルはランドリーを導入前提でホテルの建物を設計していた。

なんか最近流行のおしゃれランドリー一体カフェにしようか迷ったけど、色々偵察してみた結果、建物の躯体構造上や、営業オペレーション上、あと匂いや音の問題から壁は作り、引き戸1枚でつなげることにした(これがのちに本当によい決断だった事に)。大きさは20平米程度で下記のような感じ。  

1F図面

そして業者から下記の見積をもらい、駐車場もできるというので、ついでに任せることにした。パーキングいれて約1000万。

コインランドリー想定数字

そして収益計画は以下の通り。

これを見ると5年で回収してるじゃないか。利回り20%??70%を大至急減価償却できたうえで5年で回収できるなんてマンション投資よりいいのはもちろん、証券会社に散々進められて買っているゴールドマンの投資信託ファンドの7%もはるかにしのぐ。正直コレを初めて見たときちょっと、ぐらっときた。


が、、もちろんこれは業者が出してきた想定数値でしかないし自社ビルだからそもそも賃料が含まれていない。本業で広告代理店とかメディアに散々想定数字では泣かされてきた経験があるので、50%行かないとしても落ち込まないようにしようと思ってGoをかけた。


続く




下記店舗URL(今はカフェと統合)

https://maps.app.goo.gl/xa9sbPTmNkmJBWuN8

Share Post:

Share on facebook
Share on twitter

Stay Connected

More Updates